前へ
次へ

敷金が必要な物件の良さと欠点について

賃貸物件の中には、敷金が必要ない物件があります。
初期投資の中には基本的に敷金が含まれていますが、必ず含まれているものではなくて不動産屋や物件によっては敷金がない物件も存在します。
敷金がないメリットとしては、初期投資が安くなるという利点があります。
初期投資が安いと入居しやすいのでまとまった資金を準備しなくても物件探しが出来るという事です。
しかし、敷金がないというのは利点だけでなくて欠点も存在します。
基本的に、退去する時には部屋の設備に問題があったり、床や壁などが傷ついている場合は修理したり、清掃していきます。
その時に敷金から修理や清掃費用を出す事になります。
しかし、敷金を初めに支払っていないと退去する時に修理や清掃費用などを直接出さなければいけないので退去する時にはある程度お金を持っておく必要があります。
ただ、退去費用を抑える事も可能でそれが物件に住む時に壁や床を傷つけないようにする事です。

Page Top