前へ
次へ

耐震装置を留められる壁かどうかを知る

建築基準法では一定の地震が来ても建物が倒れない構造である仕組みを求めています。
あくまでも倒れないことを求めているのであって免震や制震を強く求めているわけではありません。
そのため耐震基準を満たしていても建物はそれなりに揺れ、揺れによって家具や家電が倒れたり落ちたりする可能性があります。
住宅内には家具などを設置して収納などをすることがありますが、それらが地震で倒れるとそれの下敷きになる可能性があり大変危険です。
そこで対策として行いたいのが耐震装置の取り付けです。
簡単なものとして突っ張り棒があり、家具と天井とを固定して揺れても倒れないようにできます。
それ以外には家具を壁に固定する方法があります。
注意としては、壁に固定した時にその壁がどんな状態になっているかです。
薄い壁だと家具の重さに耐えきれず簡単に倒れてしまうでしょう。
壁の向こうに柱が設置されていれば強く固定できるので、揺れが大きくても家具が倒れないようにできるかもしれません。

Page Top